中古トラックを購入するメリット

新車トラックを購入するのではなく、
中古トラックを購入する事でのメリットについて紹介したいと思います。

 

まず1番大きなメリットは、やはり購入価格です。
トラックの価格はかなり高額です。
車種によっては新車であれば、一千万円以上するトラックも珍しくありません。

 

しかし車種は、仕事の用途によって選ぶので、
高いからという理由で安い車種を選ぶわけにはいきません。

 

売上や経費の事を考えると、
会社によってトラック購入に支払える予算は、それぞれ違ってくるでしょう。

 

予算的に厳しいけれど、どうしてもその車種のトラックがなければ、仕事の効率が悪くなる。
そんな時に中古トラックなら、新車の半額以下の価格で購入する事が可能です。

 

また中古トラックと言っても、販売時にきちんとメンテナンスがされているので、
商用車として十分な機能は備わっています。

 

もちろん、中古トラック業者によって、
状態が悪いトラックを販売するところがないわけではありません。
そのため、必ず購入前には中古トラックに試乗するようにして下さい。
中古トラックの状態に問題がないか、
そして点検記録簿でメンテナンスがしっかり行われているか確認するようにして下さい。

 

中古トラックを購入する時には、じっくりと時間をかけて、状態のいいものを選ぶようにしましょう。
そうすれば、中古トラックを購入して、メリットが大きかったと思えるはずです。

 

価格以外にも新車と比べて、納車が早く、
現在生産が中止された限定モデルのトラックを購入する事が出来ます。
他にも、新車と比較すると、課税される税金が安くなるというメリットもあります。
 

中古トラックを購入するデメリット

中古トラックを購入する際に、
そのメリットに惹かれて購入を決めたと思います。

 

それぐらい中古トラックを購入するメリットは多いのですが、
どんな事でもメリットがあればデメリットもあります。

 

デメリットを理解した上で、
中古トラックを購入するかどうか、判断するようにして下さい。

 

まず中古トラックを購入する際に一番注意が必要な事は、
トラックのコンディションです。

 

新車と異なり、中古トラックはコンディションが均一ではありません。
前のオーナーの使い方やメンテナンスの頻度によって、
走行距離や年式が同じであってもコンディションは大きく違ってきます。
そのため中古トラックを購入する時には、
信用出来る中古トラック販売業者から購入しましょう。
もちろんアフターサービスも充実しているところを選ぶようにして下さい。
 

 

また新車の場合は定価が存在しますが、
中古トラックの場合は定価が存在しません。

 

そのためどこで中古トラックを購入するかで、
購入価格に大きく差がつく場合があります。
せっかくなら、安くてコンディションがいい中古トラックを購入したいですよね。

 

購入場所だけでなく、購入する時期など、
需要と供給によって価格の変動が大きいので、購入するタイミングが重要です。

 

あと、購入価格は中古トラックの方が安いですが、
メンテナンスにお金がかかってしまいます。
なぜかというと、車は消耗品だからです。

 

耐久年数がある程度決まっているので、
エンジンオイルの交換など、部品交換が必要になります。

 

これらの中古トラックのデメリットよりも、
メリットの方が魅力的だと判断した場合に購入して下さい。
その際には極力デメリットを減らせる中古トラック選びを心がけましょう。

更新履歴